超おすすめオンライン英会話 公式サイト

英語の赤ちゃん言葉・子育てに役立つ英語表現とフレーズまとめ

長い単語や複雑な発音ができない赤ちゃん。「まんま」「ないない」「わんわん」など日本語に赤ちゃん言葉があるように、英語も乳幼児に使う単語や表現はシンプルで簡単な音が並びます。もちろん、大人が日常会話に使える表現もあります。今回は乳幼児が使う単語と、それらを使って両親や保育園の先生など周りの大人が乳幼児への語りかけに使うフレーズを紹介します。

目次

乳幼児が使う英単語

乳幼児は短い音を繰り返したり、語尾を-y、-ieと伸ばして言うことで発音が簡単になります。

Dada,Daddy(お父さん)

Daddy, let’s go to the zoo!(パパ、動物園行こうよ!)

元の単語:father

DadもOK。fatherは「父」と言う立場を表す単語であって、お父さんを呼ぶ時にfatherを使う人は少ないです。呼ぶときはDadやDaddyを使います。これは大人になっても(何歳になっても)使えます。ただし、Dadaは幼児用語なので注意。そして、職場の上司や目上の人と話す時、面接の場などでお父さんの話題を出す時はfatherを使いましょう。

Mama,Mommy(お母さん)

A: I love you, Mommy.(ママ、大好きだよ。)

B: Oh, Mommy love you too, sweetheart.(ママも大好きよ、かわいいおチビちゃん)

元の単語:mother

MomもOK。motherとは「母」と言う立場を指し、お父さん同様呼びかけにmotherは使いません。Mom若しくはMommyと呼びかけます。ちなみに、大人になってもMamaは使えますが、傍から見ると子供っぽく聞こえる表現です。ネイティブはMomを使っている割合が高いです。文章や公式な場ではmotherを使いましょう。My mother is a strong, independent, and energetic person.(私の母は強くて、自立していてパワフルな人です。)

Papa, Pawpaw(おじいちゃん)

A: Whose birthday is it today?(今日は誰の誕生日かな?)

B: Papa! Happy Birthday.(おじいちゃん!ハッピーバースデー。)

元の単語:Grand father

日本人の感覚からPapaってお父さんじゃないの?と思った人も多いはず。ところが、英語でPapaはおじいちゃんのことなんです。もう少し大きく(5歳前後)なってはっきり発音できるようになるとGrandpaを使う子供も増えてきます。もちろん大人が使ってもOK。このように、Grand fatherは Grandpaとも言うので、幼児用語ではPapa、pawpawと呼ばれます。

Nana, Nanny(おばあちゃん)

I wanna go play with Nana. Mommy, please.(おばあちゃんとこ遊びに行きたい。ママ、お願い。)

元の単語:Grand mother

おじいちゃんと同じくGrandmaとも言いますが、1、2歳の乳幼児にはその発音はまだ難しいのでNana、Nannyと呼びます。Nannyはおばあちゃん以外に「ベビーシッター」を表す単語でもあります。ベビーシッターが一般化している欧米では、彼女達はママが数時間の子守りをを気軽に頼めるおばちゃんのような存在なのでしょう。

Auntie(おばさん)

Auntie Susan! I missed you.(スーザンおばちゃん!会いたかったよ。)

元の単語:Aunt

父方母方、両方のおばに使え、Auntie ~ (~おばさん)のように名前とセットで使うことが多いです。もちろん、Aunt ~でも間違いではないのですが、Auntieの方が可愛らしく、より親しみを感じることができます。これは、ママの友達や近所のおばさんなど、血のつながりがない相手にも使うことができます。

din-din(夜ご飯)

Mama, I’m hungry. Where’s din-din?(ママ、お腹ペコペコ。夜ご飯まだ?)

元の単語:dinner

どの言語も、本人は大人と同じように発音しているつもりでも乳幼児には難しい発音があります。dinnerも例外ではなく、短い音を繰り返すことで言いやすくなります。中にはdi-diと言う子もいますが、この時期の子どもは言葉を発することが大事なので多少の違いは問題ありません。ちなみにfood(食べ物)全体はnum-numと言います。

yum-yum, yummy(おいしい)

I love Nanny’s pancake! Mmm! Yum-yum.(おばあちゃんのホットケーキ大好き!ああ、おいしい!)

元の単語:yummy

yummyはdeliciousと同じです。It’s yummy.(美味しい。)と形容詞として使うのが一般的ですが、乳幼児は名詞としておいしい物やお菓子をyum-yumと呼んだりもします。大人も使える表現で、可愛らしい言い方です。ただし、少し子供っぽくも聞こえるのでビジネスシーンやフォーマルな場所では使用を避けたいですね。

wawa(水)

I want wawa, please.(お水ちょうだい。おねがい。)

元の単語:water

waterの発音は乳幼児には難しいので、最初の2文字を繰り返します。液体は全て水と捉えて、ジュースや牛乳などの水以外の飲み物にも使います。もう少し区別ができるようになると、milk(牛乳)apple juice(りんごジュース)とそれぞれの名前が言えるようになったり、飲み物のことをdrinkyと呼ぶ子も居ます。

baba(哺乳瓶・マグ)

Gimme baba. I’m thirsty.(マグちょうだい。喉かわいた。) 

元の単語:bottle

乳幼児にとってbottleの発音は難しいです。water同様、最初の2文字を繰り返すことで簡単に発音することができます。babaは哺乳瓶の事を指しますが、卒乳後も年齢的に幼児用語は欠かせません。よって、哺乳瓶以外に水やジュースが入っているストロー付きのマグや、飲み物がこぼれにく細工がされている幼児用のコップのこともbabaと呼びます。

tummy(おなか)

A: I’m done. Dad, look at my tummy!(ごちそうさま。パパ、ぼくのおなか見てよ!)

B: Wow! That’s a big happy tummy.(わぁ!大きな満腹のおなかだね。)

元の単語:stomach

これは日本語で言うところの「ぽんぽん」です。乳幼児の体型はお腹がぽこっとでているのが特徴で、例文のように、食事の後真ん丸にふくらんだお腹を出して満腹だと伝えたり、お腹を見せて遊んだりします。ちなみに「おへそ」は英語でbelly buttonですが、幼児用語では tummy buttonとも言います。Baby is in mommy’s tummy.(ママのお腹に赤ちゃんがいるんだよ)と、自分以外のお腹にも使います。

pee-pee,wee-wee(おしっこ)

Daddy, hurry! I need pee-pee.(パパ早く!おしっこしたいよ。)

元の単語:pee

乳幼児には動名詞の使い分けが難しく「おしっこ」そのものを指したり「おしっこをする」の動作としても使用します。I need to go pee.(トイレ行きたい。)と言う大人もいますが、語源のpee自体が幼児用語なので使う場合はTPOに注意が必要です。

poo-poo(うんち)

Mommy,  baby poo-poo!(ママ、赤ちゃんがうんちしたよ!)

元の単語:poop

pee-pee同様、名詞の「うんち」と動詞の「うんちをする」の2つを表します。自分以外にも使えます。例えば、ペットのうんちを見つけてpoo-poo!(うんちだ!)と教えてくれたり、例文のように妹や弟のお世話を手伝っている時にも使います。こちらも、大人が使うと幼稚っぽく聞こえるので注意してください。

potty(トイレ、おまる)

Daddy, I go potty now.(パパ、トイレ行きたい。)

元の単語:potty

語源は幼児用の「おまる」を指しますが bathroom、restroomは発音が難しいため、pottyに「トイレ」の意味も含まれます。Potty trainingとは「トイレトレーニング」のことで、You pee-pee in the potty.(おしっこはおまるにするんだよ)と教えたりします。ちなみにtoiletは「便器」のことで「トイレ・お手洗」いではありません。

toot(おなら、プー)

Who toot? haha! toot, toot!(誰がおならしたの?あはは!プー、プー!)

元の単語:toot

元の意味はラッパや汽笛などを現す擬音語です。幼児用語では動名詞の役割を果たすので「おなら」と動作を表す「おならをする」の両方に使用します。また、おならの音「プー」を表現する時にも使います。また、機関車や電車のオモチャであそんだり、電車ごっこをする時は「ポッポー」の意味として使います。

owie!(痛い!)

A: Owie! Mommy, my head.(いたい!ママ、頭ぶつけちゃった。)

B: Come here. Show Mama your head.(こっちにおいで。ママに見せて?)

元の単語:ouch!

頭をぶつけたり、ころんだりした時に「いた!」と言う意味で使いますが、幼児はまだ痛みを上手に伝えられないので「お腹が痛い」「目が痛い」など痛みを伝えたい時に使うケースもあります。 hurt(痛む)が表現できない乳幼児にとって、owie!は万能な一言と言えるでしょう。語源のouch!は大人も問題なく使える単語です。

ew(汚い、気持ち悪い)

Eww! Messy messy room!(うぇ!きちゃないお部屋!)

元の単語:ew

これはネイティブがよく使うスラングです。この口語表現は「げ!」「うぇ!」「きちゃなーい!」と言った不快を表す間投詞です。臭い、見た目、味、気持ちなど様々な感情に使えます。子どもはewwww!とwを長くして言うことも多々あります。大人もよく使うスラングのひとつですがew!と短くとどめておく方が適切でしょう。

sissy(姉妹)

This for sissy. We share cookies. (これはねぇねの。クッキー半分こするの。)

元の単語:sister

英語は兄弟姉妹でも基本名前やニックネームで呼び合いますが、これは「お姉ちゃん」「ねぇね」「妹ちゃん」と言った感覚です。ちなみに、sissyには別の意味があり「女々しい」「いくじなし」となります。幼児と対話をする時は間違わないでしょうが、日常会話に出てきた時はどちらを意味するのか文脈に注意が必要です。

bubby(兄弟)

Bubby, hurry up. We are late! (お兄ちゃん、急いで。遅刻だよ!)

元の単語:brother

sissy同様「お兄ちゃん」「にぃに」「弟君」の意味で、兄弟の名前代わりに使います。子どもがbrotherと発音できるようになるのは4歳頃からですので、これは幼児用語の典型と言えるでしょう。bubbyとよく似た単語に大人がよく使うbuddyがあります。これは兄弟のような関係の「仲間、相棒」を表すスラングです。

blankie(毛布)

Mommy, I need my blankie. I’m sleepy now.(ママ、私の毛布は?眠いの。)

元の単語:blanket

毛布・ブランケットを指すblanketの幼児用語です。毛布に限らず、赤ちゃんはタオルやハンカチ、ぬいぐるみなど、持っていないと眠れない物があります。小さい頃から持っているそれらは「毛布のように安心感を与える」観点からblankieとも言います。大人が使うとカジュアルな言い方になり、英語圏でよく使われるスラングです。

乳幼児に話しかける英語表現

Time for din-din. Get your wawa.(晩ごはんの時間だよ。お水を持ってきて。)

1歳を過ぎると、段々大人の言ってることを理解して指示したことができるようになります。最初はdin-dinやwawaなどの単語の真似するところから始まり、喋り出す2歳頃からは周りの大人、特にママのを口調まで真似するようになります。Get your ~(~を持ってきて。)は便利なフレーズです。

Peek-a-boo!(いないいないばぁ!)

乳幼児は「いないいないばぁ!」が大好きです。boo!(ばぁ!)は驚かせる時にも使えます。赤ちゃんと向き合って枕やタオルで顔を隠して遊ぶと大はしゃぎして喜びます。また、しかけ絵本でを見せると絵に合わせて自分もpeek-a-boo!と言いながら楽しんでくれます。

Let’s tidy up!(お片付けしましょう!)

clean upと同じように「片付ける」を意味し、大人も使います。2つの違いは、clean upは「清潔にする、きれいにする」tidy upは「並べる、整理整頓する」になります。片付けることも楽しい遊びの一部です。上手に片付けられたら誉めながら、おもちゃや絵本を元の場所に戻す時にこのフレーズを使いましょう。

You poo-poo?(うんち出た?)

本来はDid you poop?ですが、乳幼児を相手にする時は、時制や前置詞・冠詞、所有格などを省略し分かりやすくシンプルに話しかけます。もちろん、返事も同じようにシンプルに返ってきます。冠詞や所有格抜きのセンテンスは日本人向きで分かりやすいですね。質問は語尾を上げ気味に言うと伝わりやすいです。

Mama wants Aimee beddy-bye.(ママ、エイミーにねんねしてほしいなぁ。)

beddy-byeは「ベッドへ行くのでさようなら=おやすみの時間=寝る」です。人称もIやyouではなく、誰なのかが分かりやすいようにMamaやDada、子供の名前を使うと伝わりやすいです。日本語でも同じですよね。もう少し大きくなるとTime to sleep.(寝る時間ですよ。)Let’s go to bed. (さぁ、寝ましょう。)と言うこともできます。

親子で楽しく使いましょう

シンプルな音が多く英語習得者にとっても覚えやすい赤ちゃん言葉。今回紹介した表現には大人が使える単語も多くあります。そのため子育てにも取り入れやすく、毎日使う表現なのでバイリンガル教育のスタートにもピッタリと言えるでしょう。ご家庭でお子さんと一緒に使ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる