超おすすめオンライン英会話 公式サイト

プロが選ぶおすすめTOEIC対策アプリ比較ランキング

TOEICの対策をしたいと思った時、そんな時でも場所を選ばず勉強できるスマホのアプリから勉強することが忙しい人にとっては大切です。今回はTOEIC990点満点のプロが実際に使った結果、本当に良いと言える、TOEICスコアアップに役立つアプリを厳選しておすすめします。

目次

おすすめTOEIC対策アプリ総合ランキング

総合点で最も良いTOEIC対策アプリを解説していきます!迷ったら、この中から選べば間違いありません。

TOEIC対策アプリ比較ランキング1位:スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース

TOEIC® L&R; TEST対策コース ベーシックプラン

895f15a8 215f 4239 8612 06b0128c6b54

総合ランキング1位おすすめ度★★★★★TOEICのプロ講師から動画授業&練習問題が使い放題の神教材

料金2,480円〜コンテンツ動画授業200本以上
練習問題約2,000問無料体験期間7日間

7日間の無料体験を受ける

おすすめ度:★★★★★

リクルートが運営している英語学習アプリ『スタディサプリEnglish』のTOEIC対策ができるアプリ王です。大学受験のアプリとして有名なスタディサプリですが、TOEIC版でも動画授業+練習問題が豊富にそろっており、かなりコストパフォーマンが良いサービスです。

独学だけではTOEIC対策がなかなか進まない人は、プロ講師から動画授業でコツを学びながら勉強をすると効率よくスコアアップしやすくなるでしょう。TOEIC990点満点のプロから見ても、とても分かりやすく本質的な解説が多い印象です。

【コンテンツラインナップ】

  • Part1〜Part7講座(約2,000問)
  • シャドーイング、ディクテーションを活用した学習
  • TOEIC®L&R; TEST単語、イディオム講座
  • 中学英文法講座

【スタディサプリENGLISHのおすすめポイント】

  1. TOEICプロ講師の動画授業で全パートを勉強できる
  2. TOEIC問題集が毎月追加される
  3. ディクテーション機能
  4. シャドーイング機能
  5. リスニング音声の再生速度調整
  6. 勉強時間が自動的にグラフ表示される
  7. 三日坊主にならないパーソナルコーチプランあり

スタディサプリENGLISHを無料体験する

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースについては、こちらの記事でより詳細に説明しています。アプリ詳細

TOEIC対策アプリ比較ランキング2位:abceed

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=1060016132&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

TOEICのリスニング用参考書に対応したリスニングトレーニングアプリとしておすすめなのがこちら、「abceed(エービーシード)」です。

abceedに対応している参考書を見ながら、その参考書のリスニング問題を聞くことができます。また「自動採点機能」が付いており、自動的にスコアの算出をしてくれるのが非常に便利です。

そしてabdeedにはスコア分析も付いています。TOEICのパートごとのスコアや解答所要時間、正答率などについて閲覧をすることができます。

abceed対応参考書の例

  • TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 2 & 1 
  • TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4
  • TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
  • TOEIC L&R; TEST 出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
  • TOEIC L&R;テスト 文法問題 でる1000問

abceedについてもっと詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
アプリ詳細

TOEIC対策アプリ比較ランキング3位:English Upgrader

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=432266869&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

TOEICのテストを運用している国際ビジネスコミュニケーション協会が提供している無料アプリで、ビジネスでよくあるシーンの会話を聴いてリスニングの練習ができます。一度ダウンロードしてしまえばオフラインでも再生できますし、何より全ての音声が無料で利用できるのが嬉しいところ。リスニングの他にもTOEICの試験日がアラートされるなどTOEIC受験者なら絶対インストールしておきたいアプリです。アプリ詳細

TOEIC対策アプリ比較ランキング4位:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

9ad81447 b7f0 4fc6 8a6f cf8be20b9d92

総合ランキング1位おすすめ度★★★★★コスパNo.1のオンライン英会話

レッスン時間24時間レッスン内容日常英会話
講師の国籍アメリカ・フィリピンなど無料体験レッスン7日間

無料体験を受ける口コミを見る

オンライン英会話レッスン受け放題のネイティブキャンプにもアプリがあります。レッスン受講は別途申し込みが必要ですが、このネイティブキャンプのTOEICコースは3つあり、それぞれ「600点対策コース」「800点対策コース」「パート別対策コース」があり独学で勉強がうまくできない人におすすめです。各コースの中では、

  • 写真描写問題
  • 質疑応答問題
  • 会話問題
  • 説明文問題

これらリスニング問題で差がつく模擬試験を受験することができるので、TOEIC対策にはもってこいのオンライン英会話です。また、アプリを使用した方がテキスト選びやレッスンの受講などがサクサクと行うことができるのでネイティブキャンプを利用する方はアプリのダウンロード必須です。

ネイティブキャンプの詳細情報はこちらの記事をご覧ください。アプリ詳細

TOEIC対策アプリ比較ランキング5位:TOEIC TEST 実力判定アプトレ

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=1048914472&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

TOEICの勉強をしていく中で、どれくらいスコアが伸びたのかを知りたい時があると思いますが、実際には現在のスコアを知る方法はあまり多くありません。スコアを知るためには公式問題集を解いて自己採点をするか、本番試験を受験するかのどちらかです。そんな時にアプリからお手軽にスコアを算出してくれるのが、この『TOEIC TEST 実力判定アプトレ』です。

こちらは実力判定と名前の通り、アプリ上から問題を解くことでTOEICのスコアを算出しれくれます。それぞれのパート問題の簡略化バージョンが用意されていて、その問題を解くことでスコアを出してくれるのでより短い時間でスコア算出が可能です。また、ただ問題を解いてスコアを出すだけでなく、毎日新しい問題が加わる『デイリー挑戦モード』もあるため、日々の勉強にも活用できます。まだTOEICを受けたことがない人や、過去に受験したことがあるけど今のTOEICスコア目安を知りたい人におすすめです。アプリ詳細

おすすめTOEIC対策アプリランキング・リスニング編

TOEICでスコアを最も上げやすいのがリスニングパートです。TOEIC初心者でも、まずはリスニングパート1〜4で正解することで高いスコアを目指せるようになります。しっかり対策ができる良アプリを見ていきましょう!

TOEIC対策リスニングアプリ1位:Lissn(リッスン)

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=991262185&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

TOEICはビジネスで使われる英語コミュニケーションスキルを測る試験なので、仕事をするうえでよく見かける表現は理解しておく必要があります。しかし普通の教材だと、あまりビジネス英語には触れないものも多いです。そこで使いたいのが、ビジネス英語とTOEICの対策が同時にできるアプリ『LissN』です。日経新聞社が運営しているアプリで、TOEICの難易度に近いレベルでビジネス英語のリスニング練習ができます。

LissNで使われている英語記事は、どれも時事ネタをふくんでおり、タイムリーにテレビや新聞のニュースで流れているものばかりです。ふだん情報収集に余念がないビジネスパーソンでもLissNであれば情報収集をしつつも、英語学習を同時にすることができます。

LissNは無料でも使えますが、月額600円から使えるので、かなり格安です。ぜひインストールして、試してみてください!アプリ詳細

TOEIC対策リスニングアプリ2位:TOTAL TOEIC Listening Practice

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=1061945885&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

リスニング上級者向けのTOEICリスニングアプリとしておすすめなのがこちらの「TOTAL TOEIC Listening Practice」です。

画像の説明問題や、短い会話文の問題、質問文から選択肢を選ぶ問題などTOEICで必要なリスニング問題を網羅しています。海外アプリなので英語でのアプリ案内しかありませんがそれもまた英語学習の上では有効と言えますね。

TOEIC対策リスニングアプリ3位:ListenUp(リッスンアップ)

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=614549010&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

リスニング学習アプリで、20秒から30秒程度の短い英会話を聞いて質問に答えていきます。TOEICの本番で言えばパート3の会話問題に似ていて、リスニングで聴き取った内容について正解を選ぶ問題です。TOEICではアメリカ英語だけでなくイギリス英語のナレーターもいるので、普段あまり耳にすることのないイギリス英語に慣れるために活用しましょう。
アプリ内は英語で説明文が書かれているので難しく感じるかもしれませんが、無料アプリで問題の質も高いので、ぜひインストールして使ってみてください。

TOEIC対策リスニングアプリ4位:ざっくり英語ニュース!StudyNow

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=934785989&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

国内外の英字ニュースを読むことができるStudyNowは、TOEIC特化型アプリではありませんがリスニング対策には非常におすすめです。英語と日本語の表示を切り替えたり、重要語句のピックアップなどをしてくれる本当に便利なアプリなんです。StudyNowで使用されるニュースは全て英語ネイティブが執筆、読み上げを担当しているので英語学習者を意識したニュースを読み、耳から聴くことができます。

英字記事の読み上げ機能が使用できるのですが、全てネイティブスピーカーの音声で聞くことができるためTOEICのリスニングトレーニングにも通用するリスニング スキルを鍛えることができます。

TOEICリスニング対策アプリは、こちらにより詳細に解説しています。TOEICリスニングアプリ

おすすめTOEIC対策アプリランキング・リーディング編

TOEIC試験は、リーディングパートだけでも75分、かなりの量の英文を読まなければいけません。特に高スコアと言われる700点以上を取りたいのであれば、いちいち英単語の意味を頑張って思い出している時間はありません。とにかくサクサク解き進めなければいけません。

TOEICテストは時間が限られていて、例えばPart5を約20分で解く場合、1問あたりにかけられる時間は30秒程度となります。そんな中”この単語の意味はなんだったか”など考えていては間違いなく時間切れとなります。

事前にしっかり英単語と英文法を理解し、素早く英文を読む練習をしておくことが、スコアアップには欠かせません。ではTOEICリーディング対策ができるアプリを見ていきましょう。

TOEICリーディングアプリ1位:POLYGLOTS(ポリグロッツ)

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=877494771&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

英会話初心者がまず英語に慣れていくところからスタートすることができる英会話アプリ・ポリグロッツです。このアプリでは短めの英文をどんどん多読していくことで英語に慣れることができます。英文を読むことでボキャブラリーが蓄積されていき、英会話の時にも使用することができる英語力を身につけることができます。

収録されている英文は、エッセー集「The Japan Times Alpha」や名作英文が簡単な英語で書き直された「ラダーシリーズ」など。それらで身につけた英語力を試すために単語テストを受けることもできます。他にも専用プレーヤーで洋楽を聴いてリスニング力を身につけることもできるんですよ。

また、英語ニュースが毎日配信されるので、それを読んでリーディングの勉強をすることができます。ニュースはBCCやCNN、ハフィントンポストといった有名ニュースサイトのものや、テクノロジー系のTechCrunchなどカテゴリーごとに記事を選ぶこともできます。

さらに、POLYGLOTSの特徴として、読解にかかった時間とWPM(words per minute)という、1分で読むスピードを算出してくれるので、英文を読むスピードがどれくらい上がったか数値で分かるので勉強がしやすくおすすめです。

アプリは無料でダウンロードでき、記事も無料で読むことができます。有料のプレミアムメンバーに登録すると、英文の解説記事を読むことができるようになります。リーディング対策をするならインストールしておきたいアプリです。アプリ詳細

TOEICリーディングアプリ2位:TOEIC®テスト文法640問

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=443324720&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

TOEICのPart5(文法問題)の対策をしたい時はこのアプリがオススメです。470点、600点、730点、860点の4つの難易度に分かれて文法問題が用意されているので自分のスコアに合った問題を選択でき、問題一つ一つに制限時間が設けられているので、時間との闘いと言っても過言ではないTOEICの本番を意識した練習ができます。文法問題の対策ができるアプリはたくさんありますが、これ1つをインストールしておけば基礎力のある方であれば必要十分な練習ができるでしょう。

TOEICリーディングアプリ3位:Acceleread Speed Reading Trainer

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=528963250&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

速読トレーニングに使う英文も自分が読みたいものを難易度別に選ぶことができます。Acceleread Speed Reading Trainerは無料アプリですが、追加でPro版を500円で購入すればもっと多くの英文記事から選ぶこともできるので使いこみたい方は購入してみてください。500円でこれだけの量の速読トレーニングができるのであれば決して高い買い物ではないでしょう。Pro版になれば自分で持っている電子書籍(著作権フリーのもの)もインポートできるようになります。

TOEICリーディング対策アプリは、こちらにより詳細に解説しています。TOEICリーディングアプリ

おすすめTOEIC対策アプリランキング・英単語編

TOEICで登場する英単語はあまり難しいものは多くありませんが、最低限のボキャブラリーは頭に入れておかないと問題を解くスピードが上がらず、ハイスコアを獲得できません。

スコアが伸び悩んでいる人は、足元を固めるためにも英単語アプリで基礎を定着させましょう。

TOEIC英単語アプリ1位:金のフレーズ2

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=1216020754&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

『金のフレーズ2』は大人気ベストセラー参考書のアプリ版です。掲載内容は紙の参考書と同じですが、リスニング音声が掲載されていたり、不正解の問題をチェックできたりと機能が多く勉強しやすいためアプリ版のほうがおすすめです。さらに、アプリ版のほうが価格も安く600円で利用できます(参考書は約1000円)。通称「金フレ」と呼ばれる超人気アプリです。

英単語はレベルは600点、730点、860点、990点とスコアごとに分けられているので、目標スコアごとに覚えるべき英単語をステップ・バイ・ステップでマスターしていきましょう。アプリ詳細

TOEIC英単語アプリ2位:最後の英単語学習!マジタン

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=872461032&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

ユーザーのレベルに合わせた英単語問題の出題や収録英単語数が13,000語であることなどが特徴的な英単語アプリです。覚えられない英単語を反復学習をさせてくれるシステムで脳に定着させる仕組みがあったり、習得した単語数をカウントしてくれたりと英単語学習をする上で様々な工夫が為されています。

他にも解答時間の制限があり、緊張感を持って取り組むことができるのがマジタンの特徴です。英単語学習アプリとしては揃っていてほしいと感じる機能が盛りだくさんに搭載されているので、普段から英単語帳を持ち歩かなくても良くなります。

料金は600円で、普通に英単語帳を購入するよりもリーズナブルなところもおすすめポイントです。

TOEIC英単語アプリ3位:英単語スマートLevel シリーズ

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=673399085&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps
TOEICの参考書「TOEIC TEST英単語スマート」シリーズ(ジャパンタイムズ)に対応して作成されたのが、こちらのアプリ「英単語スマートLevel 」シリーズです。

以下のような機能があります。

  • 英単語の意味の選択問題・リスニング問題・空欄補充問題
  • 解答時間や連続解答数から検出した復習機能
  • 英単語の派生語・関連熟語・コロケーションについての解説

またこちらのアプリはTOEICスコア600・700・800・990のレベルに分かれてアプリが存在します。自身の目標スコアに合わせてアプリを選ぶことで最適な英単語学習を進めることができます。

TOEIC英単語アプリについてより多く知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。TOEIC英単語アプリ

おすすめTOEIC対策アプリランキング・問題集編

TOEICは解いた問題数にスコアが比例して上がると断言できるほど、とにかく練習量がものを言います。リスニング、リーディング、英単語などを対策したら、本番前にはTOEIC問題集アプリでスピーディに問題を解くトレーニングをしておくことが大切です。

TOEIC対策アプリ比較ランキング1位:解くだけTOEIC「Rep∞t(リピート)」

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=971600777&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

TOEIC全パートを解ける模試が掲載されているアプリです。TOEICの全問題、パート1〜7まで各パートの問題を解くことで正解数と予想スコアが表示されます。

模試は第1回が無料で、第2回以降の模試は各240円の課金が必要になりますが、240円でTOEIC対策問題が利用できるのは参考書を買うよりもお得です。また、アプリからTOEIC模試を受けられるサービスはあまり多くないので、コーヒー1杯くらいの課金は気にせずTOEIC対策をすることをおすすめします。アプリ詳細

TOEIC対策アプリ比較ランキング2位:トレーニング TOEIC ® test

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=1257989186&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

TOEICのリスニングパートの問題500問と文法・リーディングパート383問に対応したアプリ「トレーニングTOEIC® test」。全ての問題に詳しくポイント解説が付属しており、TOEICの公式テストの出題傾向についても徹底的に分析されています。リスニング音声機能なども全て含めて無料で使えるので非常におすすめです。

TOEIC問題集アプリについては、こちらの記事により多くのアプリがまとまっていますのでご覧ください。TOEIC問題集アプリ

TOEICの勉強に役立つおすすめ辞書アプリ

英語の勉強をするうえで欠かせない英語辞書は、TOEIC学習でもやはり手元に置いておきたいです。紙の辞書は重くて持ち運びにくいですが、アプリであればスマートフォンさえあればいつでも辞書を利用できます。

ジーニアス英和・和英辞書(アプリ版)

https://banners.itunes.apple.com/banner.html?partnerId=&aId=&bt=catalog&t=catalog_white&id=1208025965&c=jp&l=ja-JP&w=300&h=250&store=apps

初心者から上級者まで英語学習者であれば手元に1冊置いておきたい英語辞書です。解説がとても丁寧で例文が多く、英単語の意味だけでなくその使い方、細かなニュアンスまで解説してくれます。

価格はアプリにしては高いですが、電子辞書を買うことよりずっとお得であること、アプリからいつでもどこでも英単語の意味を調べられる快適さに投資をしておくことは大切です。TOEICでハイスコアを持っている人は、辞書アプリを必ずと言っていいほど利用していますが、その中でもジーニアス辞書は有料でも払う価値のあるアプリです。

辞書アプリは1回購入すればずっと使えるので、TOEICハイスコアを取るための投資だと思ってインストールしておくことをおすすめします。アプリ詳細

プロはこう使う!TOEICアプリおすすめ勉強法

それでは次に上記のアプリを使用したTOEICの学習アプリの勉強方法について解説をしていきます。

TOEICアプリおすすめ勉強法1:英単語アプリで高スコアに必要な英単語をインプット

TOEICの分厚い参考書と同じ内容のものがスマホアプリになったので、いつでもどこでもスマホで英単語の勉強ができるのが英単語アプリです。

TOEICのスコアを伸ばす際に何よりも必要なのがボキャブラリーだと言われています。リスニングを聞き取るのにも、リーディングで英文を読むのにも英単語の意味を知らなければできないからです。

また参考書に書き込む感覚で、なかなか脳に定着しない英単語を記録しておくことができる英単語アプリや間違えやすい英単語を反復学習で暗記するサポートをしてくれるのが英単語アプリの魅力ですね。

このような英単語アプリ特有のシステムを使用して、TOEICのスコアアップの第一歩としてボキャブラリーを増やしていきましょう。

TOEICアプリおすすめ勉強法2:リスニングアプリを使用してシャドーイング・ディクテーション

リスニングスキルを伸ばすために効果的なのがシャドーイングとディクテーションと呼ばれるトレーニング方法です。

シャドーイングとは、流れてきた英語の音声を聞き取った後に、その英語音声を真似してそのままスピーキングをするという勉強方法です。

ディクテーションとは、英語音声を聞き取ってノートなどに書き写すという勉強法です。どちらにも言えることなのですが、聞こえてきた英語音声をそのまま聴き流すのではなくて「発声する」「ノートに書き取る」ことが必要です。

つまり受動的ではなく能動的にリスニング音声を聞き取りにいくという姿勢でのトレーニングとなります。このような姿勢でリスニングトレーニングをすることで、聞き取る際の集中力を鍛えることができます。

TOEICアプリおすすめ勉強法3:リスニングアプリと参考書をセットで使用して本番さながらの模擬受験をする

abceedのように参考書とセットとなったリスニングアプリを使用すれば、リスニング音声を聴きながら直接紙に書き込んでいくといった本番さながらの模擬受験をすることができます。

CD音声を聴きながら参考書を解くことと違うのは、リスニングアプリでは正答率や解答の傾向などを診断してくれたり、結果を簡単に閲覧できるということです。

CDで参考書や問題集に書き込んでいた勉強法からアップグレードしていると考えればいいでしょう。
このように本番さながらのリスニングトレーニングを行うことで、効果的にTOEIC本番で通用するリスニングスキルを身につけることができます。

TOEICの勉強法についてより詳細に知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。アプリ詳細

TOEICの学習にアプリを使うメリットとデメリット

最後にTOEICの学習にアプリを使うことのメリットやデメリットについて紹介していきます。

TOEICアプリのメリット1:楽しんで取り組むことができる

TOEIC対策アプリの中には4択クイズ形式やアニメーション演出で楽しくTOEICの学習を進められるものもたくさんあります。

これまでTOEICの勉強といえば机上で行う、「勉強」という堅苦しいイメージがありましたがアプリを使用すればゲーム感覚でTOEICの学習をすることができます。

TOEICアプリのメリット2:いつでもどこでもスマホ1つで勉強できる

隙間時間を使って出先でもTOEICの学習をすることができることがメリットです。楽しんで取り組むということにも関係しますが、やはり気軽に取り組むことができるということがTOEIC学習を継続することに大切です。

TOEICアプリのメリット3:間違いの傾向などが分析しやすい

優秀なTOEICアプリでは、ユーザーの誤答の傾向などを分析してくれるものもあります。スタディサプリENGLISHなどは、間違えた問題に対して一つ一つ解説までしてくれるので自分の弱点を見つけ出すだけではなくその場で解決をすることができるという点でも優れています。

TOEICアプリのデメリット1:選択クイズ系は本当に理解しているかがわかりづらい

英単語や英文法問題のアプリでは選択形式の問題がありがちです。これらのクイズ系アプリは楽しく取り組めるという反面、答えが見えてしまっているということもあり、本番で使える力が付いているのかわかりづらいです。

選択クイズなどでも初めは選択肢部分を隠すなどして、本当に英単語・英文法の意味が暗記できているのか自分で確かめたほうがいいですね。

TOEICアプリのデメリット2:スマホは画面が小さくTOEIC長文問題を読みにくい

英語の長文問題を解くことができるTOEICアプリは少ないです。それに、スマホからだと画面が小さくなかなか本番さながらに練習というわけにはいきません。

ただし、リーディングパートは英長文問題ももちろん出題されますし、点数配分としては大きいので長文対策もしっかりとしておきたいところです。そのような観点から現時点では英語の長文については参考書とセットで学習を進めることをおすすめします。

おわりに:TOEIC対策のためのおすすめ参考記事

以上、いかがだったでしょうか?TOEIC対策も今ではアプリでかなり便利に出来るようになってきているので、必ずしも紙の参考書を買わなくても通勤・通学中や空き時間などでも勉強することができます。

TOEICのスコアアップに欠かせないのはやはり継続して英語に触れ続け、TOEICという独特な試験形式に慣れることですので、ぜひ今回紹介したアプリを使ってみて、TOEICのスコアをアップさせてください!

TOEICでハイスコアを取るためには、良い教材と正しい勉強法を継続することが何より大切です。TOEICの効果的な勉強法が分からない、TOEICについてもっと情報がほしい方はこちらの記事をご覧ください。TOEIC990点満点のEnglish Hacker編集長がまとめた解説記事を無料で読むことができます。おすすめ関連記事:TOEIC対策記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる